病院紹介

HOME > 病院紹介 > 理事長・京浜病院院長挨拶・略歴

理事長・京浜病院院長挨拶・略歴

熊谷 賴佳
講演依頼はこちら

「なぜ療養型それも介護保険適用のものにしたのですか?」
よく聞かれる質問です。「そこに必要があったから」と私達は答えます。
「どんな病院ですか?」
と聞かれれば、「自分が高齢者になった時に入りたい病院を目指しています。自分がしてほしい事は人にもしてあげたいし、してほしくない事は人にもしたくない。」と答えます。

高齢者介護の基本は離床促進にあります。まず起き上がる。お話ができる。笑顔が見せられる。美味しく食べられる。入浴や家族との団欒、外出もできる。そんな療養生活を送ってほしいと思います。そして何より大切なのは、介護を受ける患者様自身が毎日を楽しいと思える事です。

これまでの介護業界では、「寝たきりになったら歩けない」「褥瘡(じょくそう)ができたら治らない」「経管栄養チューブを留置されたら、口から食べられない」などが常識でした。もしかしたら、これらの常識はまだ多くの人が持ち続けているかもしれません。たしかに、殆どの人が必ず治るとはいえないこの分野で、「諦めて下さい」という方が説得力を持っているでしょう。しかし、長年の経験の積み重ねから高齢者医療のノウハウを取得してきた京浜病院では、前述の常識を覆すような発見と体験をしています。

  • 寝たきり状態で入院してきた患者様が歩けるようになった。
  • 入院時にあった褥瘡(じょくそう)が治った。
  • 経管栄養チューブや胃ろうを留置していても、口から食べれるようになった。
  • 認知症で暴言暴力・介護への抵抗や転倒を繰り返していても、穏やかで笑顔になった。
  • 意識障害があっても意思疎通が取れるようになった。

確かにこれらの経験は全体の少数かもしれません。しかし、事実は事実、高齢者といえどもまだ回復治癒するのです。それには理由があります。今まで軽視してきた栄養障害を徹底的に治療し、難解といわれる精神神経治療を行い、感情面を重視したリハビリや介護を行い、イベントなどを実施して入院生活とかけ離れた非日常的な体験をして頂くことで、今まで見られなかった意識の回復や意欲改善が見られるようになるのです。

我々はまだ研究を続けています。もっとやるべき事があるからです。京浜病院を選んで下さった患者様とご家族が何を望んでいらっしゃるか、それに応えたいと日夜考え続けています。患者様・ご家族様に笑顔を取り戻して欲しい。そして、「この病院は楽しい」の一言を頂けたらと心より願っています。これからも宜しくお願い致します。

日本慢性期医療協会のblogに院長のインタビューが掲載されました。

学歴

昭和52年 慶応義塾大学医学部卒業

職歴

昭和52年 東京大学医学部脳神経外科学教室入局
昭和52年 東京警察病院脳神経外科勤務
昭和53年 東京大学医学部付属病院脳神経外科勤務
都立荏原病院脳神経外科勤務
昭和55年 自衛隊中央病院脳神経外科勤務
昭和59年 寺岡記念病院(広島県芦品郡)脳神経外科勤務
京浜病院勤務
昭和60年 新京浜病院院長
平成4年 京浜病院院長就任(現在に至る)
平成12年 4月より、医療法人社団京浜会設立 常務理事
平成24年 医療法人社団京浜会 理事長就任(現在に至る)

主な公職

平成14年 東邦大学医学部 客員講師
平成20年 荏原病院運営協議会 委員
日本慢性期医療協会理事(平成20年~26年)
平成22年 一般社団法人蒲田医師会 副会長(平成22年~26年)
東京都医師会代議員
平成23年 東京都病院協会理事(平成23年~27年)
大田区入院医療協議会 副会長
平成26年 一般社団法人蒲田医師会 会長
日本慢性期医療協会 常任理事
日本医師会代議員
平成27年 厚生労働省研究班および調査研究事業
  • 認知症の人の行動一心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
  • 認知症の行動・心理症状(BPSD)等に対し認知症の人の意思決定能力や責任能力を踏まえた対応のあり方に関する調査研究事業委員
  • 老人保健健康増進等事業「医療が必要な要介護高齢者のための長期療養施設の在り方に関する調査研究事業」調査研究委員会委員

資格

昭和52年 医師免許
昭和58年 日本脳神経外科学会認定専門医(評議員)
昭和62年 東京大学医学部より医学博士授与
平成元年 身体障害者福祉法診断指定医
平成10年 介護支援専門員
平成12年 日本医師会認定産業医
平成18年 厚生労働省の定める認知症サポート医
平成19年 東京都介護支援専門員専門研修(専門研修課程1)修了
厚生労働省の定める、かかりつけ医認知症対応力向上研修 修了
平成20年 同上
平成21年 平成20年度東京都身体障害者福祉法第15条指定医講習会受講
厚生労働省の定める認知症短期集中リハビリテーション医師研修会 修了
平成22年 日本慢性期医療協会認定研修 修了
平成23年 日本慢性期医療協会在宅医療認定研修 修了
平成27年 臨床研修指導医講習会 修了

業績(論文発表及び新聞雑誌等掲載記事)

1 脳卒中の予防と治療に関する研究 -高圧酸素療法と脳血管吻合術の併用療法-
杉山弘行、熊谷賴佳、馬場元毅、名和田宏、黒木達郎、神山喜一、杉浦誠、伊関洋、
間中信也、江口恒良
臨床研究紀要(1978年)東京都衛生局
2 Cystic arabinoside ヒト免疫グロブリンが有効であったherpes simplex脳炎
杉浦誠、鬼頭健一、熊谷賴佳、杉山弘行、名和田宏
神経内科 10:260-266,1979
3 原発性頭蓋内黒色腫の長期生存例
熊谷賴佳、杉山弘行、名和田宏、杉浦誠、鬼頭健一、設楽信行
脳と神経 31:397-402,1979
4 腫瘍内大量出血をきたした聴神経鞘腫の一例
馬場元毅、伊関洋、熊谷賴佳、杉山弘行、名和田宏
脳神経外科 8:193-197,1980
5 透析中にみられた不均衡症候群としての異常食欲亢進
熊谷賴佳、宮地隆郎、熊谷賴明
神経内科 12:205,1980
6 外傷性椎骨動脈硬膜枝偽動脈瘤の一例
熊谷賴佳、山川健太、辻田喜比古、杉山弘行、名和田宏
脳神経外科 9:325-329,1981
7 脳動脈瘤を合併した脈無し病の二例
熊谷賴佳、杉山弘行、名和田宏、伊関洋、馬場元毅、太田秀一、二瓶博史、谷島健生
高倉公朋、佐野圭司、斉藤勇
脳神経外科 9:611-615,1981
8 Mega Cisterna Magna
熊谷賴佳、山川健太、辻田喜比古、杉山弘行、名和田宏
CT研究 3:339-343,1981
9 多発性?胞腎及び多発性?胞肝を合併した脳動脈瘤の一例
熊谷賴佳、橋爪敬三
CT研究 3:624-626,1981
10 LPシャントにより治癒したbenign intracranial hypertensionの一例
熊谷賴佳、杉山弘行、名和田宏、伊関洋、馬場元毅、牧治
神経内科 15:446-451,1981
11 抗凝血薬治療法
熊谷賴佳
脳梗塞と血栓-血栓形成の基礎と臨床-
114-121,1982,メジカルビュー社
12 未破裂動脈瘤内血栓由来の脳塞栓症-CT Scanにより発見された未破裂動脈瘤-
熊谷賴佳、橋爪敬三、江住明泰
神経内科 16:94-95,1982
13 CT内蔵の超高圧放射線治療装置の理論的開発
熊谷賴佳、高倉公朋、池辺潤
医学の歩み 121:89-91,1982
14 CPKの異常高値を示す低カリウム血性ミオパシーにて発祥し、妊娠をみた原発性
アルドステロン症の一例
熊谷賴佳、橋爪敬三、尾形滋
内科 51:993-996,1983
15 臨床応用を目的とした頭部電気インピーダンス計測
亀井宏行、小杉幸夫、河原田弘、池辺潤、竹前忠、松山潔、熊谷賴佳
電子通信学会 MBE 82-105:157-162,1983
16 ICP Measurement by Hydrostatic Pressure Balance Method
Yoriyoshi Kumagai,Yoriaki Kumagai,J.Ikebe,M.ohta
Intracranial Pressure V(Edited by S.Ishi,H.Nagai, and M.Brock):95-99,1983
Springer-Verlag Berlin Heidelberg
17 抗血小板療法における副作用:血小板凝集能のチェックで回避
熊谷賴佳、橋爪敬三、早田一則、杉山弘行
Medical Tribune:vol;17,No 24,1984,14 June
18 脳血管撮影後に出現した一過性全健忘の三例
熊谷賴佳、早田一則、橋爪敬三、杉山弘行
神経内科 21:611-613,1984
19 抗凝血薬治療における最適投与法
太田道男、真島澄子、熊谷賴佳
臨床薬理 15:473-477,1984
20 虚血性脳血管障害に対する抗凝固剤及びに抗血小療法
熊谷賴佳
脳卒中 :7:9-14,1985
21 液圧平衡方式による硬膜上頭蓋内圧モニタリングの開発-従来の方式との比較検討-
熊谷賴佳、高倉公朋、太田道男、池辺潤、熊谷賴明
Neurologia medico-chirurgica(Tokyo) 25:826-831,1985
22 脳浮腫の数学モデルと頭蓋内圧の最適制御
熊谷賴佳
脳と神経 38:885-891,1986
23 パターンマッチング法を用いたADPによる血小板凝集能の判定
熊谷賴佳、小杉幸夫、池辺潤、熊谷賴明、太田道男、高倉公朋
医用電子と生体工学 24:321-326,1986
24 脳循環の電気回路モデル
竹前忠、小杉幸夫、池辺潤、熊谷賴佳
医用電子と生体工学 24:327-329,1986
25 抗凝血薬治療における最適投与法(第2報)
太田道男、真島澄子、熊谷賴佳
臨床薬理 17:359-365,1986
26 A Simulation Study of Intracranial Pressure Increment Using an Electrical
Circuit Model of Cerebral Circulation
Tadashi Takemae,Yukio Kosugi,Jun Ikebe,Yoriyoshi Kumagai,Kiyoshi Matsuyama,
And Haruo Saito
IEEE Transactions on Biomedical Engineering BME-34:958-961,1987
27 頭蓋内圧の自動制御
熊谷賴佳
Clnical Neuroscience 6:1136-1138,1988
28 New Tetrapolar Method Using Magnetic Field For Local Impedance Mesurement
Tadashi Takemae,Yukio Kosugi,Haruo Saito,Jun Ikebe,Yoriyoshi Kumagai
IEEE Engineering in Medicine & Biology Society 10th Annual International
Conference CH2566-8/88/0000-0915,1988,IEEE
29 Random Signal Applications in Biomedical Engineering
Yukio Kosugi,Jun Ikebe,Yoriyoshi Kumagai,kintomo Takakura
IEEE Transactions on Biomedical Engineering
30 脳出血急性期の血圧コントロールに対する静脈用ニトログリセリン(ミリスロール○R
注)臨床効果
斉藤勇、淵野上徳郎、早川勲、江口恒良、熊谷賴佳、他。
基礎と臨床 23:329-334,1989
31 脳神経外科領域におけるYH-80の使用成績-多施設における臨床検討-
高倉公朋、設楽信行、中村博彦、金子裕、河野武、熊谷賴佳、他。
JJPEN 12:727-737,1990
32 Regional Rheoncephalography(γREG) by the Tetrapolar Circuit Method Using
Magnetic Field
Tadashi Takemae,Yukio Kosugi,Yoriyoshi Kumagai,Haruo Saito,Jun Ikebe
Medical & Biological Engineering & Computing 29:193,1991
33 Simulation Study of the CSF’s to-and-fro Flow in the Foramen Magnum Using An
Elctric Ciecuit Model of the Cerebrospinal Cavity
Yoriyoshi Kumagai,Tadashi Takemae,Yukio Kosugi,Haruo Saito,Jun Ikebe and
Kintomo takakura
Progress in Research on ICP(1991):9-14,1991
34 神経線維探索装置
熊谷賴佳、小杉幸夫
脳神経外科速報 10:49-52,1991
35 精神症状を有する各種脳血管障害患者に対するプロペントフイリンの使用経験
高倉公朋、斉藤勇、中村紀夫、坂井春男、熊谷賴佳、他
新薬と臨床 41:337-352,1992
36 変貌する人間
熊谷賴佳
教育じほう 5:11-14,1992
37 阪神大震災による心的外傷後ストレス症候群
熊谷賴佳
脳神経外科速報 5:595-597,1995
38 家族とプロで介護の役割分担を
熊谷賴佳
くらしの友 1998 vol 109 秋号
39 老後の健康対策は若いときから
熊谷賴佳
くらしの友 1999 vol 110 新春号
40 介護保険について
熊谷賴佳
蒲田医師会新聞エコー 1999 第82号
41 臥床症例の管理におけるたんぱく質食品プロテインマックスの臨床意義
熊谷賴佳 上野ゆん子
JJPEN vol 22 no.6 427-430,2000
42 介護保険の問題点
熊谷賴佳
蒲田医師会新聞エコー 2000 第83号
43 脳神経外科のスペシャリストが選択した介護療養型医療施設への転換
熊谷賴佳
東京ガス ホスピタリティ・ハート21 2001.MARCH
44 最近、時々めまいがします。何科を受診したらいいでしょうか?
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.4
45 最近よく眠れない。いつも不安で、心配ばかりしている。いつもびくびくしており、楽しい気分になれない。
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.5
46 頭痛がするときに、何科を受診したらいいでしょうか
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.6
47 最近物忘れがひどくなった。痴呆が始まったのだろう
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.7
48 高齢化に伴う身体機能障害
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.8
49 なぜ身体障害が痴呆を招くのか
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.9
50 健康診断の読み方
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.10
51 健康診断の読み方(その2)
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.11
52 人間ドックについて
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2003.12
53 健康長寿のためのミネラル
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2004.1
54 健康長寿のための乳酸菌
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2004.2
55 賢い患者になろう
熊谷賴佳
SMBC経営懇話会 MiT 26-27 2004.3
56 胃瘻における少量経口摂取の併用
志越顕 上野ゆん子 熊谷賴佳
難病と在宅ケア vol.9 No5 69-72 2003.8
57 褥創と栄養検査-微量元素の重要性も含めて-
志越顕 上野ゆん子 熊谷賴佳
臨床病理レビュー 特集第127号 92-98,2003
58 パーキンソン病患者さんの褥創と対応
志越顕 上野ゆん子 熊谷賴佳、村上真紀子、林健
難病と在宅ケア vol.10 No3 55-58 2004.6
59 経腸栄養剤エンシュア・Hを併用し短期で治癒を得た褥創症例
志越顕 上野ゆん子 熊谷賴佳
Nutrition Support Journal vol.6 No.1 24-25 2005
60 褥創の病態と治療-特に栄養の観点からみて-
志越顕 熊谷賴佳
薬剤師のためのみ褥創の治療とケア(薬事日報社)38-46 2005
61 褥創予防・治療と経腸栄養
志越顕 熊谷賴佳
臨床栄養 vol.106 No.6 763-768 2005
62 認知症における行動障害 パターン分類を基にした介護
熊谷賴佳
日本療養病床協会機関紙ロング・ターム・ケアVol.14 No.1 52-57.2006
63 環境が認知症を招く
熊谷賴佳
応用科学学会誌 Vol.20 No.1 29-35.2006
64 要介護老人の排便管理-便臭軽減に対する栄養管理-
熊谷頼佳 高倉公朋
明治乳業株式会社 社内資料
65 褥瘡ケアと微量元素
志越 顕 熊谷賴佳
臨床栄養 vol. 112  No.6 709-715 2008.5
66 役割を明確にして地域にアピール「なくてはならない病院へ」
熊谷賴佳
フェーズスリー 26 2009-11
67 ビタミン・ミネラル補助飲料「一挙千菜」による高齢者の低栄養への対応
志越 顕 上野ゆん子 熊谷賴佳
Human Nutrition 1-6 2010-1,2
68 高齢化と認知症 第一回
熊谷賴佳
てふてふ vol.154 p12 2010
69 高齢化と認知症 第二回
熊谷賴佳
てふてふ vol.155 p13 2010
70 院長交遊録 その後の人生を変える一言 
熊谷賴佳
最新医療経営5月号 .96. 2010-5
71 病院トップ訪問 「介護と医療の一体化サービス」こそ生き残りの道
熊谷賴佳
月刊集中 Medi Con. JUN6. 14-16 2010-6
72 認知症と戦う 症状の進展に合わせた対応を実施 過剰な投薬を防ぐ治療法を構築
熊谷頼佳
医療タイムス2010年8月30日 No.1979 p34-35
73 老人医療 ターミナル 第54回
当院におけるターミナルケア 定義と取り組み
熊谷頼佳 志越 顕 熊谷頼明 太宰利博
日本慢性期医療協会 JMC71号 vol.18 No.4 52-57 2010 October
74 第6章 「蒲田医師会MSW」が、東京の地域医療崩壊を救う
熊谷頼佳
2010年度版医療白書 検証・日本の医療50年、地域医療再生と医療格差解消への挑戦
日本医療企画 142-151 2010
75 認知症と間違いやすい病気 第一回
熊谷賴佳
てふてふ vol.157 p13 2011.
76 地域を歩く 地域に学ぶ、診療所の未来
東京都大田区蒲田
地域医療再生に向けた地域医師会の挑戦
CLINICAL BAMBOO  2011.1 65-70
77 現場の視点5 医療と介護の連携
医療と介護は背中合わせ
併用を前提とした仕組みづくりを
熊谷頼佳
最新医療経営 2月号 p35 2011.2
78 認知症と間違いやすい病気 第二回
熊谷賴佳
てふてふ vol.158 p11 2011.
79 患者さんの体験記憶を悪くさせないこと 「おいしい」にはいい記憶を残す力がある
熊谷賴佳
ヘルスケアレストラン 5月号 24-27 2011.5
80 情報を共有し、全員参加の医師会に
熊谷頼佳
蒲田医師会雑誌 星音 第88号 8-9 平成23年3月
81 地域医療崩壊―原因探求から対策までー
熊谷頼佳他 蒲田医師会有志一同 東京の医療介護を再生刷新させる会
発行者: 蒲田医師会 平成23年2月
82 認知症と対策 第1回 アルツハイマー病の場合
熊谷頼佳
てふてふ vol.160 p11 2011年秋号
83 2018年、介護療養型廃止の影響
東京の介護療養型がなくなれば、東京の救急医療も崩壊する
熊谷頼佳
都医ニュース 緑の広場49 551号 平成24年1月15日号
84 慢性期医療認定病院 20 第三者の立場から客観的な評価で職員の士気もたかまり、励みになる
熊谷頼佳
日本慢性期医療協会誌JMC 97号 75 2,012 February
85 認知症と糖尿病 アルツハイマー型認知症と糖尿病の関連を理解し、予防策を講じてほしい
熊谷頼佳
ヘルスケア・レストラン 2012.9 24-25
86 認知症予防と上手な介護のポイント くまちゃん先生の「3段階ケア」でみんなハッピーに
熊谷頼佳著
日本医療企画 2012年10月発刊
87 誰でもわかる 熊谷式3段階認知症治療介護ガイドBOOK
熊谷頼佳著 南雲晃彦編著
国際商業出版 2012年10月発刊
88 食事・栄養は究極のアルツハイマー病予防
くまちゃん先生に学ぶ認知症の早期発見と3段階ケア
熊谷頼佳
ヘルスケア・レストラン 2012-12 58-59
89 急増する認知症患者に対する社会的・医学的対応とは
熊谷頼佳
日本医療企画 医療白書2012年度版 266-272
90 慢性期医療最大の目的は苦痛の除去とADLの回復
熊谷頼佳
日本慢性期医療協会公式ブログサイト 第17回慢性期医療リレーインタビュー
2012-12-12
91 論点9認知症 急増する患者を地域で支える仕組み構築が急務
熊谷頼佳 南雲晃彦
CLINICAL BAMBOO 2013.1 26-29
92 東京大田区 地域包括ケアを実現するための複合施設創設の提言
編著及び発行 一般社団法人蒲田医師会 2013-7-16
93 高齢者におけるアルツハイマー型認知症予防のための生活習慣病診療の考え方
編著及び発行 一般社団法人蒲田医師会 2013-9-18
94 認知症患者を地域で支えるために新たな医療体制づくりが必要
熊谷頼佳
MMPG医療情報レポートvol.111 p12-13 , 2013-12-25
95 公的側面を持たせつつ強みと弱みを補えば効率的な組織運営が実現する
熊谷頼佳
最新医療経営Phase3 2014年2月号 Vol.354 26-27
96 大変革期に消える病院・残る病院(座談会)
熊谷賴佳 伊藤雅史 遠藤正樹
最新医療経営Phase3 2014年8月号 Vol.360 30-35
97 (解説)在宅における認知症のアセスメントと訪問看護への期待
熊谷賴佳
コミュニティケア 2014年 Vol.16/ No.09 201号 17-20
98 「熊谷式3段階分類」を用いた認知症ケアでBPSDを改善
熊谷賴佳
シニア・コミュニティ 2014年9・10月号 18-21
99 特別インタビュー熊谷賴佳 医師会の原点に立ち返り「学術団体」として地域医療の平準化を進める
CLINICAL BAMBOO 2014.10 , 10-13
100 褥瘡ケアとビタミン・微量元素
志越 顕、熊谷頼佳
臨床栄養 vol.124 ?No.6? 780-787? 2014.5
101 すぐ実践できる介護・看護スタッフの3期分類を活用した新・認知症ケア
--表情でわかる周辺症状への対応
熊谷賴佳
第一法規 ISBN 978-4-474-03328-3
102 仮説と展望 大きな転機を迎える認知症治療の現場 合併症との関連性が鍵となる
熊谷賴佳
ヘルスケア・レストラン 32-33 2014.11
103 第2章 高齢者の疾病と栄養状態
志越 顕 熊谷頼佳
国民の栄養白書2014-2015年版57-68 2014
104 論壇 国家存亡の危機に我々ができる事とは
熊谷賴佳
日本慢性期医療協会誌 vol.22  96号2014年12月 1
105 認知症はなっても○、防げば◎
老いても成長し続ける脳の作り方がわかった!
マキノ出版 ISBN978-4-8367-1276-6
106 一流に学ぶ病院データ経営再考 先進病院の始める試みとその仕組み
事例4 自院の医療の質を確認する指標
熊谷賴佳
日本医療企画 Phase 3 5月号 38-40 2015
業績詳細をもっと見る

▲ページTOPへ